塗装知識、ペンキの種類|長崎市、諫早市、大村市のペイントホームズ長崎西店

知っ得豆知識
Knowledge
自動塗装見積り
外壁
シリコン
ハイグレード

外壁塗装パック合計額
504,000
現場調査/無料見積り ▶
屋根・外壁塗装のプロが知って『得』する基本知識をお伝えします。
インターネットで簡単に必要な情報を得られる一方で、溢れた情報の中から、正しい情報はどれなのか、必要な情報なのかどうかを、見極めるのが難しくなっています。ここでは塗装のプロの観点から、押さえておきたい塗装の基本知識をご紹介いたします。後悔のない塗装会社選びのお役に立てれば幸いです。

 1

屋根や外壁の塗装の必要性
綺麗に見える建物でも防水性が低下してしまうと、見えない部分で劣化・老朽化は進行していることがあります。ここでは、建物を守る役割をもつ塗装についてご紹介しております。
塗装は防水
塗装というと、外観デザインばかりに注目が集まりますが、本来の役割は建物を保護し、長く持たせることです。建物は常に直射日光や雨風、砂埃などにさらされています。通常、建物の一番外側にある塗膜がそれらをブロックし、建物を守っています。しかし、その塗膜も経年劣化していくため、もともと保持していた防水性も損なわれていきます。塗り替えをせずに放置したままだと、ひび割れ箇所から水・湿気が建物内部に侵入しやすくなり、雨漏りを引き起こしたり、柱を腐らせるなどの被害が出てきます。深刻な被害だと、大掛かりなリフォーム工事に発展することもあります。建物を長く保たせるためには塗装を行い防水性を高め、建物内部に水・湿気の浸入を防がなくてはならないのです。
塗装は美観
塗装の魅力といえば、「おしゃれ」「綺麗」にできる外観デザインではないでしょうか。建物の資産価値を高めることもできます。塗装には、配色・艶・模様など様々な組み合わせ方が可能です。例えば、今まで1色だけだったお住まいの外観にバルコニーや玄関の一部にアクセントカラーを配置しモダン風なお住まいにすることができます。オシャレな外観になることで、「お住まいへの愛着がより一層増した」という声も聞きます。また、お客様が来客するお店やアパートでは、お店の雰囲気やイメージと直結しているため、「おしゃれ」「綺麗」な外観デザインはとても重要視されます。塗装は建物の資産価値の向上に貢献することができ、集客・入居率アップなど様々な効果が得られます。

 2

塗料の種類
塗料は大まかに水性系や溶剤系に分別され、そのほかフッ素・シリコンなどの樹脂などに枝分かれしていきます。そのため、塗料の種類の違いを理解し慎重に選ぶことが大切です。
塗料=着色顔料(色)+樹脂(ボンド)
塗料は、基本的にアクリル樹脂、ウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂からできており、樹脂は「ボンド」の役割をはたしています。樹脂に顔料等を加えて塗料となり、樹脂によって基本的な耐久性が異なってくるのです。
 フッ素樹脂塗料
塗り替え周期を伸ばしたい方におススメです。耐久性、機能性に大変優れていますが、デメリットは、 普及率が低いため、割高となります。
 シリコン樹脂塗料
戸建て、アパートの外壁塗装で一番使用されている塗料です。フッ素樹脂塗料の次に耐久性が良くバランスが取れた塗料です。
 ウレタン樹脂塗料
10~20年前に最も普及していた塗料です。シリコン樹脂塗料に比べて耐久性は劣りますが、価格とのバランスでは優れた塗料です。
 アクリル樹脂塗料
新築塗装や不動産関連の転売目的物件でよく使用されています。安価で耐久性が低い塗料です。価格重視の方におススメです。

溶剤系塗料と水性系塗料
数多くの塗料があり、塗料を大きく分けると次の二つに分かれます。1つが水性系塗料、もう1つは溶剤系塗料です。簡単に説明しますと、水に溶ける塗料を水性系塗料、シンナーで溶ける塗料を溶剤系塗料といいます。マジックなどの、水性インクと油性インクの違いだと覚えておきましょう。
溶剤系塗料
溶剤系塗料は、耐候性、耐久性に非常に優れており、船や車、家具などの日常生活で使われているほとんどに溶剤系塗料が使われています。一方で、水性系塗料に比べ扱いにくく、作業性が悪い、価格が高い、シンナーの臭いがするといった欠点があります。
水性系塗料
水性系塗料は作業性に優れ、とても取り扱いがし易いのが特徴です。また、価格も溶剤系に比べて安く、臭いもしないという利点があります。欠点は溶剤系に比べると、耐久性、耐候性が悪いという点です。
1液型と2液型
水性、溶剤塗料には1液型と2液型があります。1液型は水やシンナーで希釈するだけで硬化反応し作業効率の向上と2液型と比べると安価な塗料となるため経済的です。
2液型とは主剤と硬化剤を指定の比率で混ぜ合わせ、水やシンナーで希釈するタイプの塗料です。
耐久性、機能性、塗膜形成という面では、1液型より2液型の方が優れています。また、主剤と硬化剤を混ぜた塗料は硬化するため、翌日には使用できなくなり作業効率低下と残材処分が増えてしまいます。

 3

塗装の工法
塗装工事の方法として、大きく分けるとローラー工法、吹付け工法、特殊工法に分けられます。それぞれの工法により、違った模様や仕上がり等変わってきますので、適材適所に工法を選択することが大切です。
ローラー工法
塗料をローラーで塗装していく工法で、主に塗り替えの塗装工事に多く使われます。吹付け工法のように多彩な模様はできず、下地の模様(新築時の模様)をそのまま出すことが多くあります。飛散の問題が少なく、塗装工事では、この工法が多く使われています。
吹付け工法
主に新築の塗装工事に使われる工法です。塗料をエアガンで飛ばし、スタッコ模様、ボンタイル模様、砂状模様(リシン)を演出します。塗り替え工事には、塗料の飛散などの問題があるため、新たに模様をつける場合にのみ使われることが多いです。
特殊工法
刷毛、コテや特殊ローラー、などを使って特殊な外壁を演出することができます。マンションエントランス、輸入住宅などに使われています。